top of page

新型 2024 FE250 を詳しく解説!

こんにちは。昨年WEXウエスト 90分と120分でダブル年間総合優勝を果たした黒木です。


今日は、ハスクバーナの新型 2024 FE250 について解説します!


2024年モデルで2スト・4スト共にエンデューロモデルはフルモデルチェンジをしており、2ストロークはTBIという燃料供給システムが採用された事が話題で盛り上がっていますが、4ストロークもフルモデルチェンジしており実はかなり進化しています!

まずはエンジンですが、2024モデルからクイックシフターが採用されています!シフトチェンジがスコスコ入ります!


エンジンのトルクも低速はより粘るようになり高回転もすごく伸びるようになっています。4ストローク車ならではの低速時のエンジンのバタつき感がほとんどなくスムーズなエンジンに進化しています!


マフラーに関しては、KTMグループの4ストはノーマルでもスペックは十分高いのでノーマルのまま乗られる方は多いですが、エンデューロモデルに関してはサイレンサー・エキゾーストパイプ共に騒音・排ガス規制に対応した物が標準装備されているので、実はこれの影響でパワーは少し抑えられる形になっています。


サイレンサーやエキゾーストパイプを交換するとかなりパワーアップします。全域トルクフルになるような印象なので非常に乗りやすくなったとコメントされる方が多いです。


純正オプションでアクラポヴィッチとFMFの物がラインナップされています。パワーの出方で言うとFMFの方がパワーは出ていると思いますが、音は大きくなるので音量等の配慮が必要な場所で乗られる方はアクラポヴィッチがオススメです!


2023までのモデルの時は2~4速くらいの操作をしなければならない場所でほぼ3速固定で走行できるようになっています。


サスペンションは2023までのEXPLORサスからクローズドカードリッジXACTサスに変更になり、ハイスピードでの安定感がかなり増している印象です。山など低速セクションで走らせるシーンが多い場合はバネレートを少し落としてイニシャル調整で走らせてやると良いかなと思います。

相変わらずノーマルからサスの性能はすごく高いです!


2024モデルからフレームの剛性が上がっているので安定感やエンジンから伝わってくるダイレクト感はあるものの新車時の車体の堅さは多少感じるかと思います。


ただ、この点に関しては5時間程度のならしとサスペンション調整で堅さは感じなくなりむしろプラス面を感じるようになってくると思います。


車体の仕上がりとしてフロント荷重気味になっているので加速時に不意にフロントが浮いてくる感じが無く加速できます。恩恵としてコーナリング中の体重移動がこれまでよりもシビアさが無くなっているのでコーナリングや立ち上がりが凄く安定します。


またヒルクライム時もフロントが浮いてきにくいので捲れるリスクが軽減されていたりのぼり斜面での再発進の際にフロントが浮いてこずにスムーズに発進できる印象です。


ボディワークに関して大きく変更されているのがステップ位置と外装が大きく変更されていて

ステップからかかとを落として乗る乗り方をする際にふくろはぎで車体をしっかりホールドできる感覚がありおしりを後ろにしっかり突き出していても凄く安定する感じです!


結論として凄く進化しています!2023までのモデルも特に悪い点は無いと思っていましたが、2024は別のコンセプトとして凄く進化しています。


2023迄のモデルのしなやかなフレームは長時間の走行で疲れにくさがあったり荒れた路面でフレームが吸収してくれている感じが凄く良かったですが、2024はさらにタイムを上げていきたい・更に難しいヒルクライムを登りたいという人にすごく武器になると思います。


2024モデルは4スト2スト共にほぼ全てのモデルが入荷しましたのでご商談可能です!

是非お問い合わせください。


その他、個別にご質問等が御座いましたら下記フォームよりお問い合わせください。


ハスクバーナモーターサイクルズ京都

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page