※上記のボタンをクリックして各カテゴリー別に閲覧できます。

SVARTPILEN

 
SVARTPILEN250

斬新なデザインと扱いやすさで大人気のSVARTPILEN401の250ccバージョンのSVARTPILEN250。今海外メーカーがこぞって新型車に投入するスクランブラーテイストの軽二輪サイズとしてデビューしたSVARTPILEN250ですが、ベースはKTMの人気モデルの250DUKEです。高い運動性能をそのままに、BYBLEのブレーキキャリパーやWP製のサスペンションを搭載しています。KTMとは全く違ったデザインで、丸目一灯でどこか懐かしさも感じるデザインに仕上がっており、幅広いお客様に注目して頂いているハスクバーナ一押しのオンロードモデルです。

SVARTPILEN401

現在のハスクバーナの1番人気のバイクがこのSVARTPILEN401です!

​海外メーカーが大型クラスで投入することが多いスクランブラーテイストのバイクですが、こちらは普通自動二輪免許で乗れるバイクのため、おかげさまで入荷すると即売薬となるほど大人気となっております。エンジンも390DUKEのエンジンがベースとなっており、扱いやすさとパワーを兼ね備えており、毎日が楽しくなること間違いなし!WP製フルアジャスタブルサスペンションに加え、クイックシフターも搭載しており、最先端の装備がついていながら良心的なプライス設定になっておりますので是非SVARTPILEN401で輸入車デビューをしましょう!

SVARTPILEN701

ハスクバーナの大型バイクのSVARTPILEN701のご紹介です。

大型バイクとしては非常に軽量に作られており、車体サイズと相まって初めて見る方ですと大型バイクとは思えないサイズ感に仕上がっています。エンジンは690DUKEがベースとなっているため、過激な乗り味を想像される方が多いですが、乗り出してしまえば低速から扱いやすくひとたびアクセルをワイドオープンすると強烈なダッシュ力を味わえる二度おいしいセッティングになっております!

​残念ながら2021年からの新型発表されず現在当店でも持ち合わせている限りの車両になりますので、ご検討の方は是非当店までお問い合わせください!

 

VITPILEN

VITPILEN401

SVARTPILENのスクランブラーに対して、カフェレーサーのVITPILEN。

​VITPILEN401はセパレートハンドルによってフロント荷重でバイクを操る感覚なので、よりスポーツ走行を楽しんでいただけるモデルになっています。SVARTPILEN401同様、ベースとなっているのは390DUKEです。バイクの味付けとしてはKTMのRC390のカウルをそのまま剥いだような乗り味となっておりますので、スポーツバイクがお好きな方ならご満足いただけること間違いなしの刺激的なバイクとなっております。もちろん、扱いやすさも兼ね備えておりますのでビギナーライダーの方にもおすすめです。街中に停まっているだけでも絵になるような美しいデザインだけに所有欲が満たされます!

VITPILEN701

VITPILEN701は、VITPILEN401をそのまま排気量と車体を大きくしたようなバイクになっております。美しいデザインや乗りやすさはそのままに、クイックシフターなどの先進装備も標準でついてくるコストパフォーマンスの高い1台になっています。ビッグシングルの鼓動感と瞬発力を武器に、タイトコーナーや峠道などが楽しくなるでしょう!SVARTPILEN701と同様に、惜しくも次のモデルが発表されませんでしたので、ご検討いただいておりますお客様はお早めにお問い合わせください!

ENDURO

 
701ENDURO

701ENDUROは、オフロードバイクですがオンロードも楽しんで頂けるオフロードバイクです。

林道ツーリングやキャンプツーリングの需要が高まり、軽量なバイクなので大変人気なジャンルですが、主に250ccが主流になってきますので高速走行が苦手な車種が多い中、701ENDUROは高速走行も得意としながらオフロード走行も得意な大変貴重なバイクです。

車重も144Kgと大型としては非常に軽量なため小回りも良くきくので、狭い道や場所でも取り回ししやすく、車や大きいバイクでは行かなかったような場所にもいくことが出来ます。

701Super moto

SUPER MOTO

701SUPERMOTOは、701ENDUROの兄弟車種で、こちらはタイヤを17インチにダウンサイズし、ロードタイヤを履かせたスーパーモタードバイクです。モタードバイクと言えば250ccクラスが主流ですが、701SUPERMOTOは250ccでは苦手としていた高速走行、ツーリングもこなせるバイクです。690ccと立派な大型バイクですが、車重は144Kgと250ccバイクと同じくらいの車重と非常に軽量に仕上がっており、抜群の取り回しの良さと高い運動性能を兼ね備えておりとても面白いバイクになっています。デザインもよく、社外品からも多数ステッカー等のオプションパーツが出ている為、ご自身の好みのデザインに変えていく楽しみも味わえます。